OG SLICK

<English is below>

この世界でトップに君臨するSLICK。彼の軌跡の起源は80年代半ばのホノルルのストリートからLAの荒れたストリートにまで遡り、当時の彼は「アート・センター・カレッジ・オブ・デザイン」に通いながら夜はグラフィティという生活をしていた。そして1989年に行われた伝説的なグラフィティバトル「SLICK vs HEX」が、彼のキャリアにおいて極めて重要な出来事となった。このバトルをきっかけに、アンダーグラウンドの厄介者から世界的な称賛を受ける存在となり、以来今日まで、グラフィティのキャラクターの描き方の概念を刷新し続けている。国際的な注目を集めるようになったSLICKは、ミュージックビデオや映画でフィーチャーされるようになり、アーティストのアルバムカバーやギャラリーでの個展などを開催するようになる。そしてこの頃、自分の作品が描かれたTシャツがあればより多くのオーディエンスに自分の作品を広めることができると着想し、80年代後半よりデザインをはじめ、その後STUSSY、XLARGE®、ADIDAS、OBEY、Disneyなど多数のブランドのグラフィックを手がけてきた。また彼の創造力はTシャツだけに留まらず、スケートボードや家具、玩具、スニーカー、ゲーム、テキスタイル、ヴィンテージのミリタリージャケットなど様々なものに及んでいる。描く対象が巨大なミューラルであろうが、スニーカーや自動車へのペイント、そしてビデオゲームのアートディレクションや自身のブランド〈DISSIZIT!(ディスイズイット)〉のデザイン、さらにファンに求められて描くサインであったとしても、彼にとっては全てが芸術作品であり、その作品全てがSLICKであることを成立させている。25年間以上トップを走り続ける彼に、スローダウンする気配は未だない。

SLICK’s rise to the top can be traced back to the mid 80’s, painting on the streets of Honolulu to the mean streets of Los Angeles. SLICK spent his early years attending ART CENTER COLLEGE OF DESIGN during the days and doing graffiti at night.
The legendary “SLICK vs HEX” graffiti battle of 1989 was a pivotal time in SLICK’s career. He went from underground hell raiser to worldwide acclaim, forever changing how graffiti characters are painted ‘til this day. The international attention opened the doors for SLICK to paint everything from music videos, feature films, album covers and gallery exhibits. It was during this time, he realized he could reach a larger audience by putting his art on tees. Since his first designs in the late 80’s, SLICK has designed graphics for the likes of STUSSY, X-LARGE, ADIDAS, OBEY, DISNEY and the list goes on. Not limiting his creativity to just tees, but everything from skateboards, furniture, toys, sneakers, games, textiles to even vintage fighter pilot jackets.
Whether it’s painting a mural, designing a sneaker, formulating a paint scheme for an automobile, art directing graffiti for a video game, creating an entire collection for his brand DISSIZIT!, or as small as signing his name for a fan, SLICK treats each and everything he touches as a work of art that’s worthy of being SLICK.
25+ YEARS IN THE GAME AND STILL NO SIGNS OF SLOWING UP.

Subscribe to our newsletter